シビレる小ネタ

移住したら月額8万3000円支給。長野県富士見町の支援制度

美しい山が望めるオフィスで快適開発!

八ヶ岳の麓にある町・富士見町では、町外からの移住者に、月額8万3000円(家賃+光熱費用として)を補助する制度を2016年4月より実施する。
補助を受けるには、「富士見 森のオフィス」のコワーキングスペースを日常的な仕事場として利用することが条件。

補助内容:富士見町へ移住後の住居・光熱費補助として、月額8万3千円を補助支給。
(住居は富士見町内の賃貸物件を案内)

補助期間:2016年4月~2017年3月末まで

対象:10名まで(10物件)※面接の上、決定

町が推奨する「テレワークタウン計画」

長野県諏訪郡富士見町は、「富士見町テレワークタウン計画」という名称で、”業務を切り取って働ける人”の移住促進に力を入れている。
テレワーク&コワーキングスペースの「富士見森のオフィス」は、木造施設をリノベーションした複合型ビジネス交流施設で、電源コンセント、WiFi完備のフリーアドレス型のワークスペースだ。

窓からは南アルプスや入笠山が望め、オフィスから少し離れると、八ヶ岳の雄大な景色が広がる。
そんなリフレッシュできる環境にある一方で、新宿まで電車で約2時間、名古屋まで車で2時間半と、都市部とのアクセスが良いのも特徴的。

移住したい県ナンバーワンの長野県。
おトクな制度も利用して、移住体験をしてみるのもアリかもしれない。

参考:移住&テレワーク応援プロジェクト