シビレる集

<イベントレポート>5/30のシビレバー終了しました!

福岡、徳島、島根…など人気エリアの「移住支援」制度をお伝え

5月30日(火)夜、今宵のシビレバーは#5、<限定3名>枠に当選された方は全員来店され、盛り上がって終了しました!

汗ばむ陽気の5月末。夜8時、渋谷で乾杯

毎月恒例のシビレバー、毎月末の火曜夜8時、渋谷のとあるBARで開催。今回のイベントタイトルはDeveloper’s Meeting for’東京脱出’。
最近では県や市などの自治体が、人を受け入れるための支援金や助成金などを用意しているところが増えています。エントリーいただいた皆さんには事前に、「東京脱出してどこに住みたい?」をヒヤリング。そのエリアで使える制度を紹介しました。

今回名前が挙がったエリアが、福岡、島根、徳島、沖縄など、エンジニアから注目を集める、IT企業が増えている県や市。
引っ越し代の補助や、企業面接する際の交通費の補助制度、その他、「お試し移住体験」ができるエリアの紹介などもしました。
毎回恒例ですが、やはり来店された方は20代が中心。情報収集している段階の人も、具体的にアクションしたい人も交わり、参加者同士でも情報交換をしていました。

SNSのアカウント交換、参加者同士で横のつながりも

’東京脱出’をテーマに集まった共通の目標がある参加者のみなさん。
イベントはいつも22時までと終了時間を設定していますが、今回も話が盛り上がり、気がつけば終電間近。
地元に戻りたいという方、経験したことがない地方で満員電車から逃れた生活をしたいという方、みなさん東京で積んだキャリアを生かしながら新しい生活に挑戦したい意欲が強く、議論は白熱しました。
イベントの終盤には、参加者の皆さんでFacebookやLINEなどのアカウントを交換し、「仲間」になっていました。
後日、参加いただいた方からは「知りたい情報を教えてもらえてよかった!」「同じ思いをもった人たちと交流できて楽しかった」という声をいただきました。
sibirebar0530_1

シビレバーは、基本的には毎月最終火曜日の夜、渋谷界隈のBARにて開催中。
次回は6/27(火)を予定しています。

sibirebar0530

もはや恒例?参加した皆さんと記念写真