【お知らせ】オンライン居酒屋「イキツケ」をリリースしました

家にいながら、飲食店の味や空気感を再現する“新体感型居酒屋”

新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が​余儀なくされるなか、「行きつけだったあの店の味を楽しみたい」「オンラインでももっとリアルに近い体験をしたい」と願う人が増えています。
当社は、株式会社iTANと協力し、自宅で全国の逸品を堪能しながら時間と空間を共有できるサービス「イキツケ」をリリースしました。

サービスサイトはこちら

プレスリリースはこちら

行きつけのお店にふらりと立ち寄れる体験をオンラインで

イキツケは、全国各地の飲食店の逸品を自宅で楽しみながら、実際のお店と同じようにグループで入店したり、居合わせたお客さんと交流したりできる、新体感型のオンライン居酒屋。
事前にメニューを自宅までお届けし、オープン日時になったらWeb上のお店に入店。「同じものを食べながら、お客さん同士で会話ができる」という、実際の飲食店での体験を価値として提供します。
特に“その地域を訪問しないと食べられなかったもの・体験できなかったコト”などがオンラインで実現でき、地域間を超えた交流を創出することで、さまざまなエリアの関係人口を生み出す一歩を踏み出します。

イキツケの仕組み

  1. 「イキツケを探す」の店舗一覧から入店したいお店を見つける
  2. 「予約」をして情報を入れると、指定した住所に飲食物が届く
  3. お店の開店日時になると、イキツケOPEN!Web上でバーチャル店主やほかのお客さんと交流できる

イキツケの特徴

  • 知らない人と気軽に出会え、共通の話題をもちながら会話できる
  • 同じものを食べながら楽しい時間を共有できる
  • 誰でもオンライン居酒屋「イキツケ」のオーナー(バーチャル店主)になれる
  • 全国の飲食店を応援できる

4/29には、「有田Web陶器市ツアー×佐賀お酒飲み比べ」(イキツケ×佐賀県有田市)が開催され、すでに満員となっています。
さらに、GW期間中の5/1には、気仙沼のインドネシア料理店・Warung mahalより本格的なインドネシア料理を“つくって食べる”という経験を提供。
オンライン出展する店主は、気仙沼で建設会社を営む「菅原工業」の代表取締役。建設会社がインドネシア料理?と思いますが、インドネシア技能実習生のためのレストランとモスクを作り、NHKのサラメシでも取り上げられた、今注目すべき企業が参画してくれています。

公開されている店舗一覧はこちら

サービスリリースへの思い

「OFF TOKYO(東京にこだわらない働き方)」をコンセプトに、シビレる人を増やすことを目指して活動する私たちは、多くのエリアを実際に訪れ、その土地のおいしいものをいただき、地元の方々と時間を共有させていただいてきました。
また3年前から毎月開催してきた「シビレバー」では、初対面ながら同じテーマで会話したい人たちが集まることで、イノベーティブなアイデアが生まれたり、出会いをきっかけに事業が起きる瞬間などを何度も見てきました。イキツケで新しい体験を提供することで、エリアをまたいだ「行きつけ」ができ、関係人口も増加していくことを期待しています。

共にサービス開発を行った株式会社iTANとは、常に「なにか社会的に意味のある事、おもしろいことを一緒にやりたい」という想いが合致しており、このサービスがユーザーの皆様にとって価値あるものにしていきたいと考えています。
飲食店で得られる価値は「同じものを食べたり飲んだりしながら時間を共有する」ところにあると考えます。
始めて訪れたエリアでの不意の出会いや、何気ない会話の楽しさを「オンライン居酒屋」というカタチで実現します。
自宅から全国のエリアとつながり、飲食店も応援できるサービスにしていきたいです。

「イキツケ」サービスサイト

メディア掲載実績

東洋経済オンライン

CNET Japan

産經新聞ニュース

&M(朝日新聞デジタル)

ニコニコニュース

LINE NEWS

エンジニアの東京にこだわらない働き方を支援 サービスに申し込む