イベント

<イベントレポート>シビレバー江の島Ver.大盛況でした!

江の島のリバーサイドで、コロナビールと夕日に乾杯

2月から始めたシビレバー。毎月火曜日の夜、渋谷のバーで夜な夜な開いてきましたが、今回は初めて東京を出て、江の島のリバーサイドで開催!前日までの土砂降りが嘘のように晴れ、土曜日の夕方からコロナビールを飲みながら、藤沢・鎌倉で「働く」を考える交流イベントになりました。

enoshima6

定員30人を軽くオーバー。人気エリアで働きたい人、多数!

土曜日の、午後5時オープン!場所は、江の島駅・片瀬江ノ島駅からほど近い川沿いのカフェ「DIEGO BY THE RIVER」。
川沿いのカフェスペースでは地元のお客さんがくつろぎながら食事やお茶、お酒を楽しみ、このエリアならではのちょっとしたリゾートの雰囲気を味わえます。
今回初めて東京「外」でのイベント会場に江の島を選んだのは、夏の終わりのこの雰囲気をみなさんと味わいたかったから。混雑した夏の時期をすぎたいま、このエリアに「住む」「働く」を考えるには最適なロケーションですよね。

イベントゲストには、鎌倉を住み、鎌倉を愛す「面白法人カヤック」のiOSエンジニア・松田さんと、慶應SFCのインキュベーションでシステム開発をするカルー株式会社の具志さんをお招きし、それぞれの会社のことや、日々のくらしなどを語ってもらいました。

イベントは事前予約の段階で定員の30人をオーバー。さらに当日飛び入り参加も多数いて、会場は熱気にあふれました。

今回の来場者は、鎌倉や藤沢、江の島エリアに住みながら東京に通勤している方や、東京在住でこのエリアの居住に憧れている方など、さまざま。でもこの土地を大好きなことは変わらず、ゲスト2人のお話を真剣に聞いていました。

そして、ゲスト2人のプレゼンテーションのあとは、交流タイム!
ゲスト登壇者との交流はもちろん、近隣に住む人たちとで交流してもらうなど、参加者同士のつながりも生まれたようです。

enoshima3

今回のイベントで、藤沢・鎌倉・江の島エリアは、やはり根強いファンが多いエリアだと実感。みなさんのOFF TOKYOが実現できるよう、シビレは応援します!

enoshima4