イベント

冬の山形へ行ってきた!「日本西海岸ツアー」レポート

雪山を越えて見つけた起業家が集まるまち

年末の山形・庄内エリアにオモシロイ人たちが集まった!

2017年12月29日、午前6時。東京を出発した一行は、山形県酒田エリアへ向かいました。
朝早い時間に眠い目をこすりながらも、車内は盛り上がりながら、午前11時半には酒田に到着。
この日から1泊2日で、山形・庄内エリアで始まる「日本西海岸計画」を体感するツアーが始まります。
到着後、まずは山形名物のラーメンを堪能!地元の人も観光客も並んででも食べたい人気店で、庄内の味覚を堪能します。

山形県はラーメン消費量日本一!人気店には30分並びました

山形県はラーメン消費量日本一!人気店には長蛇の列も

おなかを満たした一行は、インキュベーション施設「Lighthouse」へ。起業家が集まる空間をめざして、民間の力でつくったこの施設は、オシャレな雰囲気に加え、仕事のしやすいレイアウトなど、こだわりのポイントに溢れていました。

【1日目】lighthouse見学1_preview

真剣に説明を聞くツアーご一行

冬の山形は、寒い!それでも、足湯に入ればそんな寒さも吹っ飛ばすぐらいあったまる。
みんなで足湯に浸かりました。ここは、地元の人の出会いの場。雪のなか、大汗をかきます。

【1日目】足湯3_preview

そして、太陽が沈んだ午後6時。西海岸パーティーの開始です。
「日本西海岸計画」の紹介を終え、今回のツアーの参加メンバーがそれぞれ自己紹介。

出身者も、在住者も、西海岸計画の主宰者も、ツアーの参加メンバーも、みんな混ざりあいながらお酒を堪能!会の途中では、西海岸らしく(?)テキーラ一気の洗礼を受けます。
そして、そのまま希望者たちは二次会へ流れます。西海岸の夜は、長く続きます。

西海岸エリアでの「働き方」って?仕事とくらし、カルチャーを実感

2日目は、朝から港市場で新鮮な魚介の朝食。そして、やっぱり山形、ハシゴでラーメンも食べに行きます。
その後は酒田在住のメンバー一押しのスポット・丸池様や、鮭の深場、滝などを観にいき、囲炉裏を囲んで炉端焼きができるお蕎麦屋で蕎麦ランチ。

この日、酒田では、メディアの取材が入っていたり、IT情報交流のイベントが開催されていたりと、年末でありながらさまざまなコミュニティでのイベントが開催されていました。
東京からの一行は、すべての工程をすませて帰路へつきました。

日本をアメリカ西海岸のシリコンバレーのようにITを中心とした産業を生み出す町にする「日本西海岸計画」。仲間が増え、全国から関心をもつ人が集まってきているこのエリアは、ますます目が離せません。

【2日目】IT情報交換会1_preview

30日、年末に開かれたIT情報交流会の様子

このレポートを読んで、「日本西海岸計画」についてもっと知りたいと感じた方。ぜひ一度訪れてみてください。
日本西海岸計画とは(外部リンク)

また酒田市内には、エンジニアが活躍できるIT企業「チェンジ・ザ・ワールド」もあります。

「日本西海岸計画」を体感したい方、イノベーションを生み出したい方は、ぜひ一度足を運んでみてください。