インタビュー

「自分がした思いを若者にはさせたくない」 地元・山口にUターンしたエンジニアが秘める思い

GMOクラウド株式会社

「地元で仕事がしたい」「B2Cの仕事がしたい」ーー。東京一極集中が進む中、このふたつの希望を両立できる地域はそう多くありません。かつてその苦しさを味わったGMOクラウドの松村健生は、「次の世代が地元で働ける場」を目指して下関で奮闘しています。
※本記事はPR Tableで掲載された内容を一部修正・転載したものです

東京の部隊と連携しながら進める、Webサービスの開発

若い人たちがB2Cのビジネスで活躍し、働ける拠点を地元に作りたい。次の世代がB2Cの仕事を地元でしたいと思ったときに、その場を提供するのが自分の使命だーー。

東京一極集中の傾向が鮮明になる中、そんな思いを抱いて、本州の西端・下関でエンジニアと管理職、双方のタスクを両立させているのがGMOクラウドの松村健生(開発グループチーフ)です。

GMOクラウドの下関支社では、サポート部隊とエンジニア部隊が活動しています。松村が所属するエンジニア部門は、「お名前.com」「Z.com」「ConoHa」というGMOインターネットの3つの主要サービスを利用する顧客向けのコントロールパネルや課金システム、販売管理システムの開発を担当。時にSkypeで、時にはテレビ会議でGMOインターネットグループの東京拠点と連携しながら業務を進める毎日です。

この下関支社は、GMOクラウドのみならず、GMOインターネットグループ全体にとっても戦略的な拠点という位置付けです。

よりよいサービスを届けるには優れたエンジニアの力が不可欠ですが、「一極集中」の弊害か、なかなか首都圏だけでは足りません。場所にとらわれず、広く優秀な人材を集めたいと考えて目をつけたのが下関。実験フェーズという形からスタートしましたが、順調に拡大中です。

「自分の仕事は自分で作る方が楽しい」GMOの社風がスピード感を後押しする

エンジニアチームの仕事風景

エンジニアチームの仕事風景

松村はここ下関で、主にふたつの役割を担っています。ひとつは下関拠点の立ち上げというマネージャーとしての仕事で、「しっかり成果を出し、定着させたい」と組織作りを進めています。もうひとつは、エンジニアとしての仕事です。GMOインターネットグループは日本だけでなく海外でもサービスを展開しており、顧客もベトナム、タイなど多国籍にまたがります。そうしたさまざまな顧客向けのシステムを開発し、分かりやすく使いやすい機能を提供する……いわば、B2Cサービスの最前線を作る仕事です。

松村 「作ったものが本当に価値のあるものかどうかは、お客様に使ってもらわなければ分からないんです。つまり、市場にいち早く投入して使ってもらわなければ、何も始まりません。お客様の反応を見ながら機能を改善するPDCAサイクルを回すことが大事で、そのために、何よりスピードを重視しています」

このスピード感を後押しするのが、GMOインターネットグループが掲げる「スピリットベンチャー宣言」であり、全社員が共有する「SKKR」精神です。これは「積極的(S)に、協力的(K)に、肯定的(K)に、そして楽観的(R)に」という姿勢を一言で表したもので、消極的、批判的、悲観的、批評的の正反対に当たります。

松村 「技術開発だけでなく、マーケティングや企画などにもポジティブに意見やアイデアを出して、自分の枠を作ることなく広げていける人は大いに活躍できる場です。だって、言われた仕事をそのままやるのはつまらないじゃないですか。常にプラスαを加えていきたいし、自分の仕事は自分で作っていった方が楽しいですよね」

かといって、だらだら働く職場では決してありません。むしろ「残業しないことを推奨する職場」で、松村はコーディングもしながらマネジメントもするといった具合に、うまく時間を割り振りしています。

ちなみに、「プログラマー35歳定年説」などどこ吹く風、本人の希望に応じて、望めばエンジニアとしての道を究めることも可能なキャリアパスが用意されています。

自分で作った機能を使ってもらう喜びを、もっと多くの人に

休日には子どもたちとイカ釣りを楽しんでいる

休日には子どもたちとイカ釣りを楽しんでいる

松村は地元・山口生まれの山口育ち、就職先も地元の企業で、主に地方自治体向けの仕事をしてきました。そんな松村にとって転機となったのが、自分で作成した機能を顧客に提供したことです。当初は「大いに評価され、喜んでもらえたことがとても嬉しかった」という松村でしたが、一抹の寂しさも感じるようになりました。なぜなら、せっかく新機能を作っても、喜んでもらえるのはその顧客だけ。もっと広い市場、多くの顧客に届けることはできないからです。

松村 「こうした仕事をB2Cでもやって、もっと多くの人に届けたいと思うようになりました。けれど残念ながら、当時、地元にはそうした仕事ができる職場がなかったんです」

「ないものはない」と、やむなく東京で働くことを決意した松村ですが、上京後の生活はなかなか辛いものでした。特にストレスとなったのが通勤時間の長さ。

松村 「1週間で嫌になりました。通勤に片道1時間半かかったんですよ。往復すると3時間で、正直『これをずっと続けるのか』とネガティブになりました。よく『電車の時間を勉強に充てよう』なんて話もありますが、あれって苦肉の策ですよね」

休日も、せいぜい子どもたちと近所の公園に出かけるくらいで引きこもりがちだったという松村。そんなときに、GMOインターネットグループが地元の山口に拠点を開設することを聞き、転職を決めました。

勝手知ったる地元に戻ってからは、週末ともなれば「次はどこに出かけようか」と家族会議する日々で、子どもたちと一緒にイカ釣りをすることも。また、盆と正月の年2回ではなく、孫の顔を頻繁に親に見せることもできるようになったと笑います。

気になるのはエンジニアとしての情報のキャッチアップですが、そこに関しても問題ありません。

松村 「最近では、Web経由で参加できる勉強会もたくさん開催されていますし、職場にも多くのエンジニアがいるので、互いに切磋琢磨し、スキルを磨くことができています」

地元でB2Cの仕事をしたいーー16年越しで両立させた希望を次世代へ

地元・山口の海水浴場

地元・山口の海水浴場

「地元で働きたい」「B2Cの仕事をしたい」ーーこのふたつの両立がかなわず、やむなく16年間東京で働いてようやく手にした下関支社での仕事。そこで働く松村には、ある強い思いがあります。

せっかく情報処理やプログラミングを学んだのに、「仕事がないから」という理由だけで地元を出て行かざるをえないという、自分のような思いをしてほしくない、というものです。

松村 「次の世代のために、地元にB2Cの仕事ができる場を作りたいんです。自分が住んでいるところで働ける時代にしたい」

実は下関支社では順調に人が増え、2017年内に6名体制になる予定です。となるとオフィスが手狭になってくるため、2018年4月には北九州の小倉へ移転をし、さらに仲間を増やしていく予定です。

外から来てもらうエンジニアや自分のようなUターン組だけでなく、周りの若い人々にプログラミングを伝えて、参加してもらう試みも考えています。

松村 「10年後、20年後に、北九州で育った子たちがB2Cの仕事をやりたいと考えたときに、その場を提供できれば。仕事のためだけに地元を出て行く、ということがなくなってほしいですね」

こうした取り組みを通じてGMOクラウドのサービスを強化するとともに、次の世代のために仕事場を作っていくことに、松村はやりがいを見出しています。

Text by PR Table