岩手でIoTも駆使した縫製を行う。ブランド服をつくり上げる

<OFF TOKYO×キラ☆企業>岩手モリヤ株式会社

この企業のキラ☆ポイント!

  • 高級ブランド向けの縫製工場で、日本のファッションを支える
  • 人の勘や経験に依存しないよう最新鋭縫製機器を積極的に導入
  • 女性社員が多く、育児を応援する制度も充実

有名ブランドのジャケットやコートなどを仕立てる

岩手モリヤは、高級婦人既製服(ジャケットやコート、スーツなど)の縫製を行う企業。
”布がこれほど美しい曲線を表現できるものだろうか”
と思われるほど、立体感があり体にフィットする美しい曲線仕上げにこだわります。本流工程からは一枚流しでシワの無い物づくりを実現。
独自の社内生地試験室で表素材の生地試験を行い、その情報をもとに素材本来の風合いを大切に高品質で高付加価値な服づくりを実現するなど、「縫製」の技術が高く評価されています。
近年は、IoTを活用した取り組みとして3DCAD、全自動無人延反機、最新鋭CAMを導入し、縫製前工程の25%生産性向上を実現したとのこと。
2018年3月「はばたく中小企業小規模事業者300社」として経済産業省より表彰を受けました。

CAD担当 生産技術リーダー 中村遥奈さん

中村遥奈さんは、3DCADによるパターン作成などを担当する生産技術のリーダー。
入社当初は縫製を担当していて、4年目からCADの担当になりました。
CADについてはもともと使った経験もなかったのですが、担当になってから先輩方に教えてもらい勉強したそう。
縫製を経験してCAD担当になり、3DCADを操作するようになったことで最終商品のイメージがよりしやすくなったそうです。

ファッションに関心があり、ものづくりをしたい人。IoTなどの新しい技術も取り入れながらこれからの洋服づくりを考えたい方に、キラリと光るポイントがあると感じました。

キラ☆企業を見る

エンジニアの東京にこだわらない働き方を支援 サービスに申し込む