ガスで時代を動かす力を生み続ける

<OFF TOKYO×キラ☆企業>東邦アセチレン株式会社/総務・人事部長 渡邊 幸男氏

東北・新潟にはキラリと輝く企業がたくさんあることを知っていますか?そこでは先輩社員たちがイキイキと仕事をしています。このサイトでは、そんな素敵な企業を「キラ☆企業」としてご紹介しています。
「自分らしく働きたい!」「 やりがいを感じる仕事がしたい!」「 夢を叶えたい!」と考えていたら、「キラ☆企業」で紹介する先輩社員のメッセージに耳を傾けてください。

キラ☆企業サイトを見る

この企業のキラ☆ポイント!

  • 社会に必要不可欠なガスを「安全」に配慮しながら届ける
  • 品質の向上と「安定」供給に日々最善の努力を尽くしている
  • CSRに配慮しステークホルダーに「安心」を与える経営を行っている

産業界の発展と生活文化の向上に幅広く貢献

ガスは、電気や水道と同様、生活に関係が深い社会インフラのひとつです。

東邦アセチレンは、宮城県多賀城市に本社を置くガス製造メーカーです。同社の主力製品は、アセチレン・水素の製造・販売及びセパレートガスと呼ばれる酸素・窒素・アルゴンの製造・販売で、溶接・切断用、半導体関係、医療用、食品用など、産業分野から生活関連分野まで、様々な用途で利用されています。

会社設立以来、半世紀以上の長きにわたり、社会を支える基盤としてガスを提供し、環境保全と経済発展が調和した社会の実現に向けて取り組んできた同社。この先の未来にどのような価値を提供し、また、未来をつくるためにどのような人材を必要としているのか。
総務・人事部長の渡邊幸男さんにお話しを伺いました。

総務・人事部長 渡邊 幸男さん

このエリアで事業をスタートした経緯を教えてください

当社は1955年に山形県酒田市で設立しました。1958年以降、本社を東京に置いていましたが、東日本大震災をきっかけに2012年、宮城県多賀城市に本店を移転しました。

主に東北・北海道・関東地区がビジネスの基盤ですが、とりわけ生産工場のある多賀城市から「地域に密着した広範なネットワークを基に競争力のある企業へ成長していく」という経営方針のもと、製品の安定供給体制の構築、安全の確保と品質の充実に取り組み、地域の皆さまに支えられながら成長してきております。

今後も、各地に所在するグループ会社との広範なネットワークを活かしながら、産業界の発展と生活文化の向上に幅広く貢献していきたいと考えております。

事業の中で力を入れていることは?

当社の事業分野は、溶接材料や溶接切断器具・生活関連器具といった「器具器材関連事業」、「自動車機器関連事業」、「製氷機その他事業」など多岐にわたりますが、中核となるのはやはり、「ガス関連事業」です。

当社が扱うガスは主に「一般工業用ガス」、「医療用ガス」、「プロパンガス」、「食品用ガス」の4種類があり、産業を活性化させるガス、また生活には欠かせないガスを取り扱っており、私たちの暮らしを豊かにするものだと考えております。

過去・現在・未来、どんな時代においてもガスはずっと必要とされ続けるため、安定的な供給ができるよう、企業努力を続けてまいります。

若手も活躍する職場

今、求めている人材は?

当社は真面目な人が多いといわれますが、円滑にコミュニケーションが取れ、視座力が高く、自ら考え行動できる人、チャレンジ精神旺盛で、将来リーダーシップを発揮してくれる人にぜひ来てほしいと思っております。

当社は「安全」「安定」「安心」を経営方針の一つとしております。これは、株主やお客様、地域社会はもちろん、従業員に対しても向けられているもので、例えば「従業員が安全」であれば、「安全な操業」が続けられ、「安定品質な製品を安定供給」できます。その結果として「企業の安全」といった意味が込められており、更に環境・コーポレートガバナンスに配慮した、株主・顧客・従業員・地域社会に「安心」を与え続けることを基本としています。

会社としては、こうした想いをこれから入社してくれる方にも持ってもらい、更なる成長に向け伴に切磋琢磨していきたいと考えております。

これから目指したいことはなんですか?

東北に基盤を置きながら、将来は全国規模で事業を展開していきたいと考えています。

当社グループは中期経営計画を掲げ、ガス業界を超越した異業種との協業や新たな可能性を発掘することで事業の拡大を目指し、成長分野への積極的な投資を行ってまいります。

当社グループが製造・販売するガスは、社会を牽引し、未来を創りあげるために必要な力だと考えています。その力をもっと多くの方にお届けすることが当社の役目であり仕事だととらえ、同じ想いをもつ仲間を増やしていきたいと考えております。

キラ☆企業サイトを見る