Wakayama Love ドラフト

炭焼き職人、求む!

窯出し

製炭技法をプロから学び、独立する

日本の伝統産業の一つ、紀州備長炭の製炭技術をプロの製炭者から学ぶことができ、技術習得後は独立し、製炭業を営む事が出来ます。
製炭業とは、ただ備長炭を窯で焼くだけでなく、原木の薪炭材(かし類)を山で伐採し、窯場まで運搬するまでを自分で行わなくてはならず、決して楽な仕事ではありません。
むしろ他のどの仕事よりも厳しく体力のいる仕事です。
しかし自然を相手にする仕事なので、人間関係に束縛される事無く、ストレスとは無縁の世界で生きることが魅力と感じる方が多いようです。
但し、この世界に入るためには、里山と共に生きる強い覚悟と里山に対する優しい思いやりが必要です。
紀州備長炭に魅力を感じ、将来製炭業を営みたいとお考えの貴方、一度みなべ町を訪ねて見ませんか?自然と一体化した日本の故郷が貴方をお待ちしています。

原木の切り出し

美しい自然の中で、里山とともに生きる

みなべ町には、海・山・川などの豊富な自然があります。山林の水源涵養機能により、きれいで豊かな水が河川に流れ込み、栄養素を多く含んだこの恵みは田畑の土壌を育み、海に流れては魚介類などのエサになり、豊かな漁場を生み出してくれています。
商業施設が遠かったり、公共交通機関が発達していなかったりして不便なところがあるかもしれませんが、街の人たちは、この自然の恵みを一身に受け、その特性を生かしながら農業、林業、漁業に従事して楽しく暮らしています。

清川の里山風景

支援制度について

和歌山県外から、みなべ町または町内の移住推進地域(清川地区)に移住した場合、和歌山県の補助や支援を受けられる場合があります。例えば、起業または農林水産業へ就業する場合は、設備購入経費等を補助してもらえたり、空き家改修の費用を補助してもらえたりします。
また、子育て支援策には、子どもの医療費助成(高校卒業まで)や、保育料無料(第2子以降)、学校給食費無料(第3子以降で第1子が高校卒業までの間)などがあります。
住まいは、空き家を活用するケースが大半です。製炭士を目指してみなべ町に移住してこられた方の多くが、そうした経験をお持ちです。空き家をお住まいとしてお考えの方には、みなべ町が空き家をご紹介いたしますので、事前にお申し出ください。
なお、みなべ町内に自ら居住するための木造住宅を建築する場合には、紀州材で建てる住宅支援事業(最大20万円)の支援を受けることができます。

イベントへ申し込む

キャッチコピーから仕事を探す

案件名 製炭士
勤務地 和歌山県日高郡みなべ町清川
求人概要 募集職種 「紀州備長炭製炭技術」の伝承者
業務内容 古来より伝わる「紀州備長炭製炭技術」を伝承し、後継者を育てる目的で、みなべ町が研修窯を所有しています。
この窯を使って地域のベテラン製炭士から指導を受けながら技術の習得に励みます。
通常、修行期間は少なくとも一年間必要です。その期間は無収入となりますので、みなべ町で生活を送るための貯えが必要です。
求める能力 経験は特に必要ありません。紀州備長炭に魅力を感じ、将来製炭業を営みたいとお考えの方の応募をお待ちしています。
条件 独り立ちできるまでの資金が必要。
その他