求人情報

大阪に新拠点も。創造的な活動にフォーカスできる社会へ

freee株式会社

会社の雰囲気

スモールビジネスのプラットフォームを作り、中小企業の悩みを解決

クラウド会計ソフトで有名なfreeeが創業したのは2012年のこと。当初メンバーは代表取締役 佐々木大輔、CTO 横路隆の2名のみでしたが、今やクラウド会計とクラウド給与計算のシェアで1位を獲得(※)。その他にも次々と新規事業を生み出し、メンバーも450名にまで増えました。
(※クラウド給与計算は2016年3月、クラウド会計は2017 年9月MM総研調べ参照。)
同社のミッションは、
「誰もが創造的な活動ができる社会」
「スモールビジネスが強く、かっこよく活躍する社会」
を実現することです。

会社設立や開業にあたっては複雑な手続きがあります。また、起業・開業した後も経理、人事労務、マイナンバー管理等のバックオフィス業務に時間を割かれてしまうのです。
しかし、中小企業の場合にはバックオフィス業務に専任者や経験者を置けないケースが多いでしょう。
かといって、自動化するために高額なソフトを購入するような余裕もありません。結局、無駄の多い事務作業に追われ、本来集中すべき創造的な活動に集中できなくなってしまうのです。
そんなもったいないシーンを少しでも減らすために、freeeはスモールビジネス向けのプラットフォームを開発。クラウド会計ソフトfreeeのご利用数が80万事業所を突破するなど、好評です。
今後はバックオフィス業務の自動化に限らず新しいチャレンジを続け、経営状況を可視化できる仕組み作りにも注力していきます。

本質的(マジ)で価値ある開発に携わる楽しさ

そんなfreeeでは、現在幅広く人材募集を行っています。大阪拠点の立ち上げメンバーとしてUIターン者も大歓迎。大阪ではWebアプリケーションエンジニアを募集しています。freeeでは、エンジニアが「全体像を掴めないまま、指示通りの作業をする」というシーンは一切ありません。企画段階からコミットし、よりよいものを生み出すために自由に意見を出し合います。

社内では「マジ価値」という言葉をよく使いますが、ユーザーのニーズを徹底的に理解し、「本質的(マジ)に価値ある」と断言できることをしていきます。
開発後は一時的にカスタマーサポートに入り、自分が作ったサービスについてお客様のフィードバックを受けられるような仕組みも。freeeのエンジニアになれば、世の中を変える力があるものを作れる楽しさを味わえます。
投票で選ばれたエンジニアが1か月間自由を与えられ、新たな価値を生み出すためのアウトプットに集中できる巨匠システム。3か月に一度、1週間かけて自由な課題に取り組むフィーバーシステムなど、成長につながるユニークな制度も設けています。
freeeが目指す世界観に共感していただける方は、ぜひ気軽に話を聞きに行ってみてください。

インタビュー記事はこちら

求人情報

会社名 freee 株式会社
勤務地 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 K840
事業内容 全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」の開発・運営
求人概要 募集職種 Webアプリケーションエンジニア
業務内容 ・プロダクトおよびフィーチャーの企画・設計・実装・テスト・計測・改善
・新規技術、コア技術に関する研究開発・調査
・新規機能企画開発、自動化のアルゴリズム改善、UX改善、新規プロダクト企画開発等、今後の予定やアイデアなどが様々あります。

【開発の特徴】
freeeのエンジニアは企画から開発、リリースまで、エンジニアが自分たちで考え、実行に移しています。
リリースのみではなく、実際の利用者、お客様の声を聞き、さらに次の改善を高速で行う組織体制も出来上がっており、会計や給与といった難しいプロダクトの内容を「簡単に、そしてわかりやすい」UXへと改善していくチャレンジングな環境です。
スモールビジネスに携わる人々が、創造的な活動にフォーカスできるような新たなプロダクトの開発、さらにテクノロジーでビジネスにイノベーションを起こすための自動化・最適化アルゴリズムのようなコア技術等、今後の予定やアイデアなどさまざまあります。
海外から参加しているスタッフもおり、グローバルな環境です。
求める能力 ・Ruby on Railsの開発経験
・Webフロントエンド開発への深い造詣
・データベースへの深い造詣
・iOS, Android開発への深い造詣
・コンピュータサイエンスの知識
企業情報 本社所在地 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
関連業界 サービス業、Fintech
社員数 450名
設立年月 2012年7月
創業者 佐々木 大輔
募集の特徴 ユニークなシステムの導入(巨匠システム:投票で選ばれたエンジニア1人が一ヶ月圧倒的なアウトプットを出す期間を設ける
システム フィーバーシステム:3ヶ月毎に一週間、普段気になっている課題に自由に取り組む時間のシステム)